【産業天気図・半導体】DRAM市況悪化で半導体製造の一部は「雨」、装置メーカーは投資活発化で「晴れ間」のまだらな景況感


 マイコンやシステムLSIを手がけるルネサスエレクトロニクス(10年4月にNECエレクトロニクスと日立・三菱系のルネサステクノロジが経営統合し発足)は、産業機器やモバイル機器向けを中心に需要改善が進んだことに加え、当初計画を上回る研究開発費の圧縮などが奏功し上期営業黒字化を達成。最終損益は巨額の構造改革特損が出るため大赤字が続くが、リストラ効果によって10年度後半以降、利益は右肩上がりとなる見通し。

半導体製造メーカーは、DRAMの環境悪化や最終製品の在庫調整など一部で減速懸念が強まっているが、業況は比較的堅調に推移する可能性が高い。旺盛な半導体メーカーの設備投資意欲を背景に、東京エレクトロン、日立ハイテクノロジーズなどは業績見通しを増額。11年度前半にかけても、新ライン計画が多数控えており、設備投資が予定通りに行われれば、一段の利益拡大が見込めるだろう。ただ、液晶を中心に減速の動きも見られ、小雨がぱらつく展開もあり得る。
(長谷川 高宏=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。