小説家 楡 周平氏に聞く 『和僑』を書いた

印刷
A
A

巨大定住型高齢者施設と地方再生、ウィン・ウィンのビジネスモデルで読ませ、映像化もされた『プラチナタウン』から7年。その続編は、高齢者の楽園を離れ、人口減少時代への対策を早急に確保すべしという、問題提起で始まった。

和僑
和僑(祥伝社/315ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──好評だった『プラチナタウン』ネタではなく、20年後の衰退を危ぶむ話に先を急いだのはなぜですか? 

日本に対する強い危機感です。財政、国際的緊張、いろいろある中で、絶対に避けられないのが人口減少問題。日本の合計特殊出生率は1.42、高齢者人口も10年20年先には減少に転じ、人口減少がより深刻化する。怖いのは市場が縮むことです。GDPの6割を占める内需が縮小したら、日本はどう経済規模を維持できるのか。高齢化社会が来るぞ、というところで話が止まっていて、今日のこの日が明日も続くとみんな思ってる。でも続かないんです。

──人手不足に焦点が当たっている介護市場も、2035年にはピークアウトするといわれてますね。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内