有料会員限定

ワタミ不振は自分の責任 見守るが、もう戻らない 独占インタビュー 渡邉 美樹 参議院議員(自民党)

印刷
A
A

沈黙を破り、元カリスマ経営者が初めて口を開いた。国会議員となった今の胸中は。

業績悪化に歯止めがかからぬワタミ。2015年3月期まで2期連続最終赤字で、今中間期も20億円の最終赤字に陥った。財務状況の急速な悪化を受け、収益柱だった介護事業の売却も決めている。創業者の渡邉美樹・参議院議員(56)に、ワタミの現状について直撃した。

(撮影:梅谷秀司)

──祖業の居酒屋が足を引っ張っており、苦しい状況が続いている。

11年に東京都知事選に出馬したときから約4年。ワタミ(の経営)を離れ、業績が悪化したのは、100%、創業者としての僕の責任だ。

居酒屋「和民」の既存店は06年ごろから、前年の売り上げをクリアできない状況が続いていた。最初から全店が利益率20%以上なので、少々売り上げが落ちても、利益が出る。あまりに強かったために、打つ手が遅れた。

──「和民」というブランド価値はもう下がったのか。

価格改定を繰り返し、店舗改装など試行錯誤を続けている、総合居酒屋の「和民」(撮影:今井康一)

居酒屋の寿命は、1ブランドで5年間程度だが、和民は15年間も続いた。和民の商品力は高いと思う。ただ、かつては和民だから“2割増し”で見てくれていたのが、今は和民ということで“8掛け”で見られてしまう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内