有料会員限定

アシックス知られざる変革 「終わった会社」が 世界を魅了し始めた

印刷
A
A

10年にわたってぴたっと成長が止まっていたスポーツシューズの名門が、気がつけば力強く世界市場を駆けている。変革の深層に迫った。

(本誌:常盤有未、杉本りうこ)

表参道から一本入った路地に立つ黒い建物に、キャリーケースを引いた外国人が次々と吸い込まれていく。外壁に黒墨でトラ柄が描かれているというその建物は、和モダン風のおしゃれなたたずまいだ。ここは「オニツカタイガー表参道店」。スポーツ用品の国内最大手アシックスが、往年の名作スニーカー「アシックスタイガー」の復刻版をコア商品として展開するファッションブランドの世界旗艦店だ。

アシックスタイガーの看板モデル「ゲルライト3」(撮影:今井康一)

特集「アシックス 知られざる変革」の他の記事を読む

1階の中央に設けられた大型のソファは、スニーカーの履き心地を試す外国人で混み合う(写真)。英語、中国語、タイ語……異国の言葉が飛び交う店内は、エアコンを効かせても熱気に満ちている。彼らが競って買い求めているオニツカのスニーカーは1万円台が中心価格帯。細部まで日本で加工した「ニッポンメイド」シリーズなら3万円台もある。それでも「タイや中国などからのお客様が、スニーカーが詰まった袋を抱えて帰ってくださる」(古賀亮店長)。月間来店客数は3万~4万人といい、この人気を受け今春には渋谷店もオープンした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内