有料会員限定

曲がり角の携帯ゲーム 見えてきた成長の天井

印刷
A
A

「少数の勝者になれないなら参入する意味がない。やる以上は絶対の勝算を持って臨みたい」 3月17日に発表された、任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)のスマートフォンゲーム開発に関する資本提携。スマホゲームへの参入に否定的だった任天堂の岩田聡社長の方針転換に対し、真っ先に反応したのは株式市場だった。1万円台前半だった任天堂の株価は、翌18日にストップ高を記録。直近は2万円前後と2011年以来の水準に回復した。

年内に任天堂キャラクターを使ったスマホゲームが1本リリースされる予定だ。「(キャラクターに)例外を設けるつもりはなく、すべてを活用する」(岩田社長)方針で、16年3月末までに5本に増やす。ゲーム開発は任天堂が行い、サーバー開発やゲーム運用などのバックエンドをDeNAが手掛ける。

今回の提携についてゲーム業界には「どうなるのか、まったくわからない」と様子見ムードが漂う。家庭用ゲームとスマホゲームでは勝手がまるで異なるからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内