有料会員限定

邦銀があこがれる 米銀 ウェルズ・ファーゴの正体 米国「最強地銀」を大解剖

印刷
A
A
邦銀があこがれるウェルズ・ファーゴ。が、それは遠い憧憬なのだろうか(ロイター/アフロ)

特集「金融異変」の他の記事を読む

グローバルな資金決済や証券取引のネットワークを運営しているSWIFTが定期的に開催している国際会議がSibos(サイボス)だ。昨年、米ボストンで開催されたサイボスでも世界の主要銀行がブースを設けて自社の金融テクノロジーの高さを競い合った。その中で入り口に西部劇に出てくるような幌(ほろ)馬車を陳列した一角があった。世界中の銀行が注目する米銀、ウェルズ・ファーゴのブースだった。

幌馬車は同銀行のトレードマークである。西部開拓時代の1852年にアメリカン・エキスプレスの創業者二人がサンフランシスコで創設したからだ。この銀行の名が広まったのは1998年だった。くしくも、それはミネアポリスの地方銀行、ノーウェストによるウェルズ・ファーゴの買収のときだ。

なぜか。買収したノーウェストは自らの社名を捨てて、歴史とブランド力のある被買収銀行の名称を選んだからだ。名を捨てて実を取ったといっていい。銀行名だけではない。ウェルズ・ファーゴの本部機能も踏襲された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内