有料会員限定

果てない内紛劇めぐる人とカネ 雪国まいたけ 凍り付くキノコ王国

印刷
A
A

新潟の穀倉地帯が生んだ優良企業、雪国まいたけ。実は5年近くも激しい内紛劇が続いていた。キノコ王国はどこへ行く。

(本誌:田野真由佳、大滝俊一、堀川美行)

どんと積み上げられた分厚い資料を前に役員たちは息をのんだ。2月23日午後、東京都江東区の雪国まいたけ(以下、雪国)東京本部での取締役会。議案は雪国の将来を決定づけるものであった。米国の投資ファンド、ベインキャピタルが雪国にTOB(株式公開買い付け)を行うというのである。

6人の取締役全員が顔をそろえた。関係者によれば、そのうち大塚政尚氏ら3人の取締役はTOBの件を当日まで把握していなかったという。会長兼社長の鈴木克郎氏などから、TOB関連の資料を基に30分程度の簡単な説明が行われる。鈴木氏はすぐに出席者たちに結論を求めた。「ぜひ賛成してください」。

取締役からは「あまりに拙速だ」という声が上がった。出席者の一人は「こんな重要なこと、この場で決を採られても困る」とその場から退出してしまった。

その結果、出席者は6人から5人へ。出席者が1人減ったことは、この取締役会で決議を行ううえで大きな影響を及ぼした。6人の取締役のうちTOB情報を正確に知っていた者は3人、知らなかった者は3人。突然決議を求められれば、賛成と反対は3対3の可能性があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内