有料会員限定

ブラジル成長曲がり角 欧州危機の波及に懸念 PART1 世界経済編 (19)

印刷
A
A

ブラジル成長曲がり角

欧州危機の波及に懸念

かつて「永遠の未来の国」と揶揄され、経済の低迷にあえいだブラジル。しかし2000年以降は実質国内総生産(GDP)成長率が年4%近くにまで拡大。経済大国としての地位を着々と築いてきた。

成長の牽引役は、鉄鉱石などの資源、旺盛な国内消費、政府のインフラ投資の三つだ。リーマンショック後の10年には成長率が7.5%と高水準を記録。しかし、金融緩和や商品価格の高騰によって、10年末にはインフレが過熱。11年に就任したルセフ大統領は、“インフレなき成長”という課題を背負った。

インフレ退治へ前進 通貨高も一服だが

ルセフはインフレ抑制に向け、歳出削減を公約に掲げた。ブラジルではGDP比1%の歳出削減が、金利の1%引き上げと同じ効果があるといわれる。11年度の政府予算は前年度比500億レアルの削減計画だったが、「公務員の人件費削減や政策投資先送りによって、歳出削減は計画どおり進んでいる」と、みずほ証券リサーチ&コンサルティング投資調査部の折原豊水氏は評価する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内