アマゾン、「タクシー配送」を準備中

WSJ報道によるとスピード向上策を模索

 11月5日、WSJはアマゾンがタクシーを利用した配送を試験的に実施していると報じた。写真はアマゾンの箱。コロラド州で8月撮影(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>がサンフランシスコとロサンゼルスで、タクシーを利用した配送を試験的に実施していると報じた。コストを抑制しつつ、配送スピードを上げる方策を模索しているという。

WSJによると、アマゾンは配車サービスアプリ「フライホィール」を使って同社の物流センターにタクシーを手配。届け先地域が同じ最大10個の荷物を各5ドル程度で配送する実験を行っている。

米国では昨年、オンライン販売の急増や異例の寒波の影響でUPS<UPS.N>やフェデックス<FDX.N>の年末商戦の配送が大幅に遅れた。配送遅延の打撃を受けたアマゾンは、配送先の地元宅配便業者の利用から自社の配送車までさまざまな配送方法を模索している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。