米ナスダックが取引終盤に劇的な反転見せ引ける 株式相場は押し目買い抜きには語れないことを示す

印刷
A
A

24日の米株式市場でハイテク株は荒い値動きとなった。市場に不安が広がり、利回りが上昇する中、投資家は今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)待ちとなっている。

ただ、株式相場が決して押し目買い抜きには語れないことがあらためて示された。ハイテク株の比重が大きいナスダック100指数は一時約5%安まで値下がりしていたが、取引終了前の75分間に急速に値を戻し、5営業日ぶりに上昇して引けた。

この劇的な反転の前には、株価バリュエーションが新型コロナウイルス禍初期の水準に低下していたほか、ナスダック100指数が2018年以降で最も売られ過ぎの水準に達していた。また、売りの強さに対する買いの強さを示すテクニカル指標、ブルームバーグ・フィア・アンド・グリード指数は約2年ぶりの低水準に低下していた。

【米国市況】株が最終盤に上昇に転じる、ドル指数は2週間ぶり高水準

投資家はここ数日に成長株に対して一段と慎重になっている。今週のFOMCでタカ派的な政策への傾斜があらためて示されることを警戒しているほか、金利上昇がハイテク株のバリュエーション上昇に打撃を与えると見込まれている。

インガルズ・アンド・スナイダーのシニアポートフォリオストラテジスト、ティム・グリスキー氏はインタビューで「売りがあまりにも大きかったため、米金融当局がFOMC会合で市場の沈静化に動くことを私は期待している」と指摘。その上で「パニック売りや積極的な売りが多く見られたものの、それが反転する時は、極めて速く反転する可能性があると思う」と述べた。

原題:

Tech Stocks Rally Back From the Brink as Investors Buy the Dip(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Matt Turner、Ryan Vlastelica

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT