心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 名越康文著

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 名越康文著

何かと生きづらい現代社会。経済状況や政治の混乱などを見れば、明るい未来を描けないのは事実だが、今の日本人はあまりに未来の「損得勘定」にとらわれすぎていて、「今、ここ」という現在をなおざりにしていると、精神科医の著者は述べる。

過去の後悔を掘り起こし、未来の不安を数え始めてもキリがないのに、「今、ここ」で起こっていないことを想像しすぎるから、不安や怒りが増幅してしまう。どんな社会でも、人生が本来「一瞬先は闇」なことに変わりはない。だからこそ、無駄に心配せずに今この瞬間を大切に生き切ることの重要性を強調する。

ネガティブ思考にとらわれない心のセルフトレーニング法を伝授してくれる。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。