絵で読む漢字のなりたち 金子都美絵 絵と文

絵で読む漢字のなりたち 金子都美絵 絵と文

白川静の字典から転載された解説と、字源のイメージを影絵あるいは切り絵風に描いた絵とエッセイとで、125の漢字の根源が語られる構成で、漢字の面白さをたっぷり味わえる。長髪の老人が横たわっている姿(老)、巫女が両手を上げて神託を求める姿(若)、ひざまずいている女の手が交差する姿(女)、御霊の屋根の下に犠牲として埋められた犬(家)などと、古代中国にタイムスリップした気分になる。

何よりも、漢字の意味を表出したダイナミックな絵の力に圧倒される。それらは呪術を漢字の重要な要素とする白川文字学を見事に表現していて、特に「真」「道」「導」の字の血生臭い意味合いなど絵によって倍増させられている感が強い。漢字の起源に思いを馳せ文字の記号的要素を理解する手掛かりとも、日本語の持つ力と可能性を強く意識するきっかけともなろう。松岡正剛氏の序文が言うとおり「場面の文字絵」として「劇的」極まりない。(純)

太郎次郎社エディタス 1418円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT