中国当局のiPhone6承認審査、近く公表

テンセントが報道

 9月23日、中国はアイフォーン6について、承認に向けた最終的な審査を行っていると明らかにした。写真はベルリンの店舗で同機種の使い勝手を試す人。19日撮影(2014年 ロイター/Hannibal)

[北京 23日 ロイター] - 中国の苗ウ・工業情報相は、米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6」について、承認に向けた最終的な審査を行っており、近く結果を公表すると明らかにした。中国ポータルサイト騰訊(テンセント)が伝えた。

アップルは「アイフォーン6」を今月発売したが、中国市場での発売日は公表していなかったため、規制当局の承認を得るのが困難との観測が広がっていた。

工業情報相はテンセントの独占インタビューで、「アイフォーン6は承認プロセスの最終段階に入った。承認はもはや時間の問題だ」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。