父として考える 東浩紀・宮台真司著

父として考える 東浩紀・宮台真司著

言論の最前線で活躍する団塊ジュニア世代の批評家と新人類世代の社会学者が、ともに父親になったことから初めて見えてきた日本の現状を縦横無尽に語り尽くした。

育児環境から始まり、教育制度、若者の非婚や少子化、社会のあり方、果ては民主主義の新たな可能性まで、この国の抱える問題点を浮き彫りにしている。

未来を担う子どもたちをどう幸せにできるか。たとえば宮台は勉強ができるよりも、異性にもてるほうが幸せへの近道だとし、学歴偏重社会を批判。一方、東は金銭的な子育て支援だけでは豊かさは実現しないと論じる。「父親としての思考」の差異に、スリリングさを感じさせる対談集となっている。

NHK出版生活人新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。