オーストラリア主要2州で新型コロナ感染が急増 ニューサウスウェールズ州では最多を更新

拡大
縮小

オーストラリアで多くの人口を抱える2つの州で新型コロナウイルスの感染が急増し、ニューサウスウェールズ(NSW)州ではパンデミック(世界的大流行)が始まって以降の最多を更新した。

シドニーを州都とするNSW州では25日朝、6288人の新規感染が報告された。同州では現在、約383人が入院している。ビクトリア州では2208人の新規感染が判明した。集中治療室の入院患者は両州で減少した。

シドニー国際空港で出発前の検査を実施(23日) 

同国のモリソン首相はクリスマスのメッセージで、ロックダウン(都市封鎖)はもはや必要ないとした上で「このパンデミックはわれわれを翻弄(ほんろう)し続けている。オミクロン変異株はわれわれが直面する最新の難問だ」と述べた。

同国では16歳以上の国民の約91%が2回目のワクチン接種を済ませている。1月4日からは2回目の接種から4カ月が経過した国民がブースター(追加免疫)接種を受けられるようになる。同月31日からは2回目の接種からの間隔が3カ月に短縮される。

原題:

Australia’s Biggest State Hits Covid-19 Record on Christmas Day(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Rebecca Jones

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT