ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 大鐘良一・小原健右著

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 大鐘良一・小原健右著

2008年、日本国内で10年ぶり5回目の宇宙飛行士選抜試験が行われた。応募者は史上最多の963人。書類選考と2度の試験を経て、最終選抜試験に挑んだのは10人。本書はこの最終試験の様子を密着取材したNHK番組スタッフによるドキュメント。

宇宙飛行士に求められる資質とは「ストレスに耐える力」「リーダーシップとフォロワーシップ」「チームを盛り上げるユーモア」そして「危機を乗り越える力」だという。パイロット、医師、科学者、技術者というキャリアを持つ10人の候補者たちは、閉鎖環境という特殊な状況で行われた試験で、何を考えながら行動し、NASAの面接で何を語ったのかをつぶさに追い、その人間力に迫る。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。