中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

「もっと圧力をかけるなど、何かできないのか」。核をはじめとして問題山積の北朝鮮に対し、中国が見せる姿勢は、日本や韓国などから見ると「もどかしい」。そんな中朝関係の歴史的・政治的構造が、本書を読めば一目瞭然にわかる。

「血で結ばれた関係」と称される中朝両国。だが、実際には「関係の冷めた夫婦が、家の外では完璧にむつまじい夫婦を演じているようなもの」と言う。

「影響力を北朝鮮に発揮すれば、それだけ責任を負う。今の中国には負担が大きすぎる」。中国の対北朝鮮政策がもどかしいのは、このためである。だからこそ中朝が「普通の二国間関係」になれば、北朝鮮は自立せざるを得ず、中国も「やっかいな隣人」に余計な力を割かなくて済む。そうなるのはいつのことか。

本書の第1章と第2章で筆者が描く、中朝国境地帯の生々しい実情に、思わず引き込まれる。情報が乏しい地域でもあり、これだけでも一読の価値はある。

晩聲社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT