中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

中国は北朝鮮を止められるか 五味洋治著

「もっと圧力をかけるなど、何かできないのか」。核をはじめとして問題山積の北朝鮮に対し、中国が見せる姿勢は、日本や韓国などから見ると「もどかしい」。そんな中朝関係の歴史的・政治的構造が、本書を読めば一目瞭然にわかる。

「血で結ばれた関係」と称される中朝両国。だが、実際には「関係の冷めた夫婦が、家の外では完璧にむつまじい夫婦を演じているようなもの」と言う。

「影響力を北朝鮮に発揮すれば、それだけ責任を負う。今の中国には負担が大きすぎる」。中国の対北朝鮮政策がもどかしいのは、このためである。だからこそ中朝が「普通の二国間関係」になれば、北朝鮮は自立せざるを得ず、中国も「やっかいな隣人」に余計な力を割かなくて済む。そうなるのはいつのことか。

本書の第1章と第2章で筆者が描く、中朝国境地帯の生々しい実情に、思わず引き込まれる。情報が乏しい地域でもあり、これだけでも一読の価値はある。

晩聲社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。