保守のヒント 中島岳志著

保守のヒント 中島岳志著

保守は右派とも右翼とも同一たりえない。だが世間は同義語と考え、区別なくレッテルを貼りたがる。昨今の保守政治家と言われる人々の多くが言葉の真の意味での保守ではないことも、本書によれば明々白々である。保守とは、単純な二分法を疑い、世論の熱狂も疑う。そして大きな政府、小さな政府ともに忌避し、バランス感覚を重視する。

熱狂の果てに来る小泉政権時のような独断と断言のカリスマ政治再現への危惧が提示されるが、昨今の首相たちの支持率が乱高下する現象はまさにその危険性を物語るものだ。こうした主張に続く宮台真司氏との対談では「保守と右翼」が廣松渉や竹内好論とともに縦横に論じられる。今ほど真の保守が求められる時代はないはずなのに、そうした良質の部分はますます薄れる感が強い。事あるごとに「抜本的改革」を言い、何事も二者択一で判断するメディアや政治、そしてひたすら気分化する世間に向けての警世の書。(純)

春風社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT