首相賃上げ期待裏切る経団連の一律賃上げ見送り 「成長と分配の好循環」実現への道のり険し

拡大
縮小

経団連は2022年の春季労使交渉(春闘)に向けた経営側の指針で、一律の賃上げを見送ると日本経済新聞が1日付朝刊で報じた。岸田文雄首相が求める3%の賃上げは好業績企業を中心に対応するよう求めるといい、「成長と分配の好循環」へ向けた道のりは険しそうだ。

日経新聞によると、春闘で経営側の指針となる経営労働政策特別委員会報告の原案では、新型コロナウイルス禍の長期化で業種・企業間の業績のばらつきが大きくなっていると指摘。自社の状況を踏まえて労使協議で賃金を決める「賃金決定の大原則」の重要性が2021年より高まっているとしており、収益が十分に回復していない企業は事業継続と雇用維持を最優先とする。

岸田文雄首相Photographer: Rodrigo Reyes-Marin/Zuma Press/Bloomberg

岸田首相は、成長と分配の好循環を目指す「新しい資本主義」を掲げ、労働者の賃金上昇を分配戦略の柱に据えている。26日には、春闘で「業績やコロナ前の水準を回復した企業について、新しい資本主義の起動にふさわしい3%を超える賃上げを期待する」と述べていた。

連合の集計によると、21年春闘の平均賃上げ率は1.78%で前年の1.90%を下回った。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:延広絵美

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT