日本でも「オミクロン変異株」の感染を初確認

政府は全世界を対象に外国人の新規入国を停止

ナミビアから成田空港に着いた30代男性が感染していた新型コロナウイルスは30日、解析で新変異株「オミクロン株」と確認されたと共同通信が日本政府関係者の情報を基に報じた。

オミクロン株の感染拡大を受け、政府は30日から全世界を対象に外国人の新規入国を停止した。南アフリカなどから帰国の日本人もリスクに応じて隔離措置を取る。岸田文雄首相は29日、水際対策の強化について「状況が分からないのに岸田は慎重すぎるという批判については、私が全て負う覚悟だ」と説明していた。

30日の東京株式相場は、米モデルナの最高経営責任者(CEO)が既存のワクチンの効果が従来株に比べはるかに弱いとの見通しを示したと取引終盤に伝わり、大幅安となった。

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

(岸田首相の発言や市場の動きを追加します)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:林純子

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT