アウディが虎ノ門に“オフロード”を作った

ヒルズの目の前に突如現れた試乗施設

都心でのオフロード対応を力説するアウディ・ジャパンの大喜多社長

こうした体験施設をアウディが開くのは、アジアでは初めて。同社のドイツ本社は、2012年の冬から、世界的に「クワトロキャンペーン」を展開している。今回もその一環であり、海外でもヨーロッパなど各地で体験施設を開いたり、試乗イベントを行ったりと力を入れている。

が、道路が舗装された都心で、わざわざ、4輪駆動の車に乗る必要があるのだろうか。これに対し大喜多社長は、「最近では突然の豪雨や大雪も多い。たとえば5センチメートル程度の積雪でも、クワトロを搭載していれば、通常のタイヤで問題なく走れる」と、近年の気候変化による必要性の高まりを指摘する。「水たまりの上を走るときの安全性がいかに大事か、意外と気づいていない人が多い」(大喜多社長)。

 技術を顧客に体験してもらう

8月30日から来年春までの期間限定だ

当初、どのような施設を作るか考えた際、クワトロパークのほかに、2つのアイデアがあったという。1つは、家族連れで楽しめるゴーカート場。しかし「それをやるにはスペースが狭かった」(大喜多社長)。もう1つは車をずらっと並べた試乗の基地にすることだ。ただ「あまりにも普通っぽい」(同)ということで、今回の体験コースに決まった。

アウディの国内販売は好調が続いている。2013年は28676台と、7年連続で過去最高の販売台数を記録した。今年4月の消費増税後も、1月に発売した「A3セダン」が牽引し、ドイツ車大手では唯一、前年比プラスを維持している。

 拡大が続く輸入車市場では、潜在顧客とのコミュニケーションの場として、ディーラーではなく、カフェなどを開く例が増えている。独メルセデス・ベンツや伊フィアットなどがそうだ。そうした拠点では路上試乗ができることも多い。ただ、技術の体験というところまで焦点を絞った施設は珍しい。ブランドイメージの醸成のみならず、車の工業製品としての先進性をアピールするアウディの試みは、消費者にどこまで受け止められるか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT