産業リサーチ(旅行代理店) 再編があるとすれば、HIS絡みか

盆暮れになるとテレビに映し出される国外脱出組と帰省ラッシュ。日本人の旅行好きは変わらないが、旅行業界はデフレの直撃を受けている。海外・国内旅行とも単価下落が続き、これに米国の同時多発テロが追い討ちをかけ、最大手JTBさえ2001年度は1兆円超の売上高に対し、40億円強の経常利益しか出せなかった。
 近畿日本ツーリストと東急観光はテロ以前からの業績悪化で経営再建中。近ツリと日本旅行は経営統合による生き残りを策したが、社風の違いが構想に響き破談に。大手といえども、その経営基盤は意外と脆弱だ。
 再編があるとすれば、その核は格安航空券で成長したHISである。海外旅行では3位でも国内では20位にも入らず、国内強化は魅力だ。
 もっとも、HISに買収先の贅肉まで引き取るつもりはないから、「対象会社の破綻→ファンド等が買収→リストラ→HISに売却」というシナリオになるだろう。
 ただ、旅行業は旅行代金前金制のため、資金繰りが比較的楽なため破綻し難いのが実情。SARSにより中小零細代理店の淘汰が進む一方、大手は残存者利益を享受する可能性もある。再編には時間がかかりそうだ。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。