これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル著/鬼澤忍訳 ~計算を超えた最善の生き方を考える


 こうした立場からアリストテレス、ベンサム、ミル、カント、ロールズなどの政治哲学を紹介し、正義の本質を明らかにしようとする。さらにリバタリアン(自由至上主義者)やアファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)など、現代アメリカ社会が直面する思想状況や社会問題に、正義の観点から切り込んで見せる。

何よりも本書の最大の特徴は、正義の問題を抽象論ではなく具体的なケースで説明しようとしていることだ。たとえばハリケーンの被害に見舞われたフロリダでの便乗値上げや、政府の支援を得た破綻した金融機関の幹部の高額ボーナスについて、どう判断すべきか。これも正義の問題なのである。

著者、サンデル教授は優れた政治哲学の啓蒙書を著し、同教授の「正義」に関する講義はハーバード大学で最も人気がある。講義はNHK教育テレビで放送され、本書はその講義のベースになったものだ。あえて率直な感想を言えば、本書は知的刺激に満ちた本ではあるが、学生との生き生きとした対話が行われるテレビ番組には残念ながら及ばない。テレビ番組のトランスクリプトが出版されることを期待したい。

Michael J. Sandel
1953年生まれ。米ハーバード大学教授。米ブランダイス大学を卒業後、英オックスフォード大学にて博士号取得。専門は政治哲学。2002年から05年にかけて大統領生命倫理評議会委員。1980年代のリベラル=コミュニタリアン論争で脚光を浴びる。

早川書房 2415円 380ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT