フェイクニュースを生む「こたつ記事」とは何か

デマやガセに騙されるのは読者のせいじゃない

フェイクニュース生態系の中核的存在である「こたつ記事」とは何か(写真:Graphs/PIXTA)
ウサギの穴に飛び込むな──。批判的思考でフェイクニュースを見抜こうとしても、陰謀論に陥ることになる、という米「ニューヨーク・タイムズ・オンライン」の記事タイトルだ。フェイクニュースはもはや自己責任や個人の問題ではなく、ニュースの生態系の問題として解決の道を探るべきだという。 『フェイクニュースの生態系』編著者の法政大学社会学部教授、藤代裕之氏に話を聞いた。

既存メディアの人達の記事が実はヤバい

──事実とうそが入り交じり、境界線が曖昧になっている現状を「誰も責任を持たない荒野のような状況」と表現されています。

ひとごとだと思ってるテレビや新聞、雑誌など既存メディアの人たちの記事が、実はヤバい。自社でパッケージ売りされていた記事が今はバラ売り。知らぬ間に加工・変換され、フェイクニュースの生態系に組み込まれている。この新聞なら安心とか、ここのはだいぶ盛ってるとか、かつての相場感みたいなものが崩れてしまった。

既存メディアは誤りがあれば訂正・謝罪し、批判される。でもインターネットのフェイクニュースは謝らない。勝手にタイトル書き換えて済ませたり。まじめな人ほど、訂正がないなら間違いはない、と判断しかねない。同じ皿に確からしいものと怪しいものが雑然と載っているから、もう安心できない。本当は誠実なニュースまでも遠ざけ、逸脱していき、陰謀論を信じる人になってしまったりする。

──コロナ禍のフェイク拡散には、既存メディアも一枚かんでいた。

昨年春、「トイレットペーパー不足」の情報が流布し店頭が大混乱しました。ソーシャルメディアのデマが原因とされたが、実際はそれほど拡散していない話題を「拡散している」とテレビが取り上げ騒動は拡大した。市場調査会社の調べによると、人々の情報入手先はテレビが46%と最多でした。

次ページ既存メディアが煽った「デマ情報」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT