シンガポール大手3行の恒大への保有債権を調査

中国恒大の債務危機が自国にもたらす打撃を警戒

シンガポールの金融規制当局は国内大手銀3行に対し、中国恒大集団へのエクスポージャーに関する情報を報告するよう求めたことが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。シンガポール当局も他国と同様に中国恒大の債務危機がもたらし得る打撃を警戒している。

非公開情報を話す権限がないとして匿名を条件に述べた同関係者によれば、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は先週、DBSグループ・ホールディングス、オーバーシー・チャイニーズ銀行、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の3行に情報を要求した。関係者の1人は、これはMASによる定期的な銀行監視業務の一環だと話した。3行はいずれも中国本土と香港で業務を行っている。

DBSのピユシュ・グプタ最高経営責任者(CEO)は27日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、同行は中国恒大へのエクスポージャーはなく、同社の債務危機がアジアの銀行業界にとってシステミックリスクになるとは考えていないと述べた。

シンガポール通貨庁Photographer: Ore Huiying/Bloomberg

原題:Singapore Questions Top Banks on Exposure to Evergrande Fallout

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Chanyaporn Chanjaroen

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT