サムスン電子、インドネシア工場建設へ

現地向けのスマートフォンを製造

 8月18日、韓国のサムスン電子は、主にインドネシア向けの携帯電話を製造するため、同国で工場を建設することを明らかにした。写真は2010年4月、ソウルで撮影(2014年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[ジャカルタ/ソウル 18日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は18日、主にインドネシア向けの携帯電話を製造するため、同国で工場を建設することを明らかにした。

製造対象が従来型携帯電話か、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)か、そのいずれもになるのかは分かっていない。インドネシアは携帯電話市場が最も成長している国の1つ。

サムスン電子はすでに中国とベトナムに工場を持っている。新工場への投資額は不明。

同社は電子メールで「インドネシア市場向けに携帯電話を製造する計画について、同国政府と協議してきた。より効率的に現地顧客の需要に対応することができるようになるだろう」と説明した。

インドネシア産業省はロイターに対し、サムスン電子が西ジャワ州に工場を新設し、月当たり90万台の製造を目指していることを明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。