【産業天気図・業種別業績予想集計】「会社四季報」2010年3集夏号

『会社四季報』2010年3集・夏号(10年6月発売)の最新データを基にした独自集計によれば、今2011年3月期の予想営業利益(金融除く全産業)は、23兆4443億円。前10年3月期比34.8%増と、前号時点の予想から6.7%改善している。来12年3月期も、今期予想比14.9%の営業増益が見込まれている。
 
 回復の度合いは、製造業で特に顕著だ。製造業の今期予想営業利益は前期比54%増。非製造業の16%を大きく上回る。製造業では中国など新興国向け輸出が成長回復の原動力だが、内需への依存度が高い非製造業では、雇用不安やデフレ進行が痛手となるようだ。 

業種別にみると、銀行・保険を除く31業種中、四季報前号より予想営業利益の合計額が上方修正された産業は24業種。前号時点からの予想引き上げ幅が大きいのは海運業で、前号比64.3%増だ。業界予想営業益は2939億円で、前期実績比では黒字転換が見込まれる。このほか、60.1%増の石油・石炭製品、32.8%増の空運業なども伸び幅が大きかった。

一方、今期営業益予想が前号よりも後退するのは7業種。鉱業(11.5%減)、パルプ・紙(10%減)、その他製品(9.6%減)などだ。
 
 四季報記者の見立てでは、12年3月期は全業種が営業増益に転じる見通し。ただ、外部環境には欧州財政不安や中国人民元の切り上げ、国内外の消費奨励策の廃止など、懸念材料も少なくない。順調な回復が続くか、展望はまだ不透明だ。

■次ページに業種別営業利益・純利益予想の集計表を掲載

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT