ヨーロッパに「夜行列車黄金時代」はやってくるか

衰退一転し復活の動き続々、新規参入会社も

オランダの電気機関車(右)が牽引するオーストリア鉄道の夜行列車「ナイトジェット」=2021年6月3日(写真:山下満)
この記事の画像を見る(8枚)

5月24日、オーストリアの首都ウィーンからオランダのアムステルダムへ向けて、新たな夜行列車が出発した。誕生以来、ヨーロッパで数々の成功を収めているオーストリア鉄道の夜行列車「ナイトジェット」の新しい目的地として、オランダが加わったのだ。

コロナで長期間にわたって運休が続いていたナイトジェットだったが、既存の路線は5月末から順に営業を再開しており、それに加えて新路線のオランダ線が営業を開始したのだ。オランダに夜行列車が運行されるのは、2016年12月にドイツのシティナイトラインが営業を終了して以来、4年半ぶりのこととなる。

一度は「終焉」を迎えた夜行列車

営業初日は発車前に記念式典が催され、オーストリア気候環境大臣のレオノア・ゲヴェスラー氏や、オーストリア鉄道CEOのアンドレアス・マッテ氏が式典終了後にそのまま一番列車へ乗車。終点のアムステルダム中央駅では、オランダ環境大臣のスティーチェ・ファン・フェルトホーヘン氏とオランダ鉄道社長のマルヤン・リンテル氏が出迎えた。

正規ルートでの運転開始初日、オランダの電気機関車が牽引する「ナイトジェット」=2021年5月(写真:山下満)

マッテ氏はスピーチで、「乗客は安全で快適なだけではなく、環境に優しい手段で旅をすることができる。飛行機と比較すれば、1回の移動でCO2を約10万kgも削減できる」とアピールした。リンテル氏は、「ベルリン、ブリュッセル、ロンドン、パリに続き、列車で直接移動できるヨーロッパの首都としてまた一つ、ウィーン(とインスブルック)を加えることができた」と歓迎した。

すでに何度かご紹介している通り、オーストリア鉄道の夜行列車「ナイトジェット」は、コロナ禍による旅客の減少や運休といった不可抗力による事情を除けば、ほぼ成功を収めてきたと言って差し支えない。

ヨーロッパの夜行列車は、少なくとも2010年代前半までは、ほぼ終焉を迎えたものと思われていた。鉄道の高速化によって、夜行列車の活躍できる範囲が徐々に狭まっていったことに加え、低価格の長距離路線バスやLCCといった鉄道以外のライバルが台頭してきたことで、乗客離れが加速したためだ。

次ページかつての主力「シティナイトライン」が撤退
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT