欧州4カ国がタッグ「夜行列車」路線拡大の勝算

背景に環境問題、成功のカギは「ライバル登場」

今やヨーロッパの夜間移動には欠かせない存在へと成長したオーストリア連邦鉄道の「ナイトジェット」。充実したサービスが人気だ(筆者撮影)

オーストリア連邦鉄道、ドイツ鉄道、スイス連邦鉄道、フランス国鉄の4社は2020年12月、夜行列車「ナイトジェット」の運行に関して、4つの新しい路線を開設する準備を進めるとともに、今後新たな路線やサービス開発に継続して協力していくことに合意し、契約書に署名したと発表した。

各国鉄道会社のCEOが署名した後の記者会見には、オーストリアのレオノール・ゲヴェスラー連邦気候行動・環境・エネルギー・モビリティ・イノベーション技術大臣、ドイツのアンドレアス・ショイアー運輸相、フランスのジャン=バティスト・ジェバリ運輸国務長官も出席した。

具体的には、まず新規開設路線として、以下の4つが計画されている。

2021年12月:ウィーン―パリ、チューリッヒ―アムステルダム
2022年12月:チューリッヒ―ローマ
2023年12月:ベルリン―ブリュッセル/パリ
2024年12月:チューリッヒ―バルセロナ

これらの計画は、ドイツのショイアー運輸相が昨年9月に提案した今後の国際間鉄道ネットワークサービス「トランス・ヨーロッパ・エクスプレス(TEE)2.0ネットワーク」計画と似ている部分があり、その第一歩と考えられなくもない。

なぜ今「TEE」?

「TEE」とは、1957年に当時のオランダ国鉄総裁の提案により、西欧諸国が参加して実現した国際特急である。航空機や自動車交通に対抗するべく、当時としては画期的だったオール1等車の特別な編成で運転されたビジネス特急だった。TEEは、日帰りで出張するビジネスマンをターゲットにした昼行列車で、夜行列車の設定もなかった。

ではなぜ、今になってTEEの復活を思わせる「TEE2.0」なのか。そして、夜行列車とどんな関係があるというのか。

この話の行き着く先は、昨今クローズアップされている環境問題と無縁ではない。ショイアー運輸相は、環境負荷の小さい鉄道輸送へのシフトを促すことで、昼行・夜行問わず、主要都市間を鉄道で結ぶことの重要性を唱えている。これまでの各国における一連の流れを見ても、夜行列車の復権が環境問題にリンクしていることは明白だ。

次ページTEEは「ブランド」、本命は夜行列車
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT