上海双世紀1979−2009 中川道夫著

上海双世紀1979−2009 中川道夫著

華やかに開幕した上海万博。中国最大都市の超高層ビルの林立する都心風景を目にする機会が多い。だがそこも、ほんの20年前までは「租界都市が冷凍保存される時代」が続いていた。

著者は、1969年に初訪問以来、上海の撮影を継続。本書では、30年間見つめてきた写真家としての仕事を、カラーとモノクロで紹介する。80年代にかつての国際都市としての「歴史の記憶」をとらえたモノクロのアルバムは、いま租界時代の建築や文化遺産の保存が進みつつあるとはいえ、現在とのコントラストと、そのレトロモダンさで見る者を魅了する。

「外国人の撮影にはまだ禁止の規定が多かった」時代に中国人の労働者風を装い、当時の上海での庶民生活、人々の感情までそのまま記録。巻末対談で指摘する「人々は戸惑いつつ微苦笑するしかないような時代」が、人々の表情・しぐさに凝縮されて現れ、いろいろな問いかけをしてくるようでもある。

岩波書店 4830円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。