日産「軽EV」将来性が不透明でも発売を急ぐ理由

ベネフィットなくても無視できないESG投資

2019年の東京モーターショーで公開された「IMk」コンセプト(写真:日産自動車)

日産は2021年5月11日、2020年度決算発表をオンラインで実施し、その中で「電動化の推進」として、各市場における電動車の導入についての説明をした。

内田誠CEOは「現在、三菱自動車との共同プロジェクトとしてNMKVで企画開発している『軽EV』は今後(2021年度~)、他社(三菱自動車)に先駆けて日本に投入する」と明言した。

グローバルにおいては、日米欧で「リーフ」、日欧で商用車の「e-NV200」、中国では政府のNEV(新エネルギー車)政策への対応で「シルフィEV」、日産のサブブランドであるヴェヌーシアの「T60EV」「e30」「D60EV」をすでに導入しているが、これらに加えて2021年度から「アリア」を世界戦略EVとして、日米欧中の各市場に導入するという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また、エンジンを発電機として使うシリーズハイブリッドであるe-POWERは、すでに日本で「ノート」「セレナ」「キックス」(生産国タイ販売も含む)の3車種で展開しているが、2021年度からヨーロッパ向けのSUV「キャッシュカイ」と「エクストレイル」、そして中国向け「シルフィ」を皮切りに、2025年度までに6車種まで拡大する予定だとされた。

e-POWERは、これまで排気量1.2リッターの直列4気筒HR12型エンジンを採用していたが、キャッシュは排気量1.5リッターの可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電機とする新たなe-POWERを搭載する。この新e-POWERは、日本市場向けの新型エクストレイルへも搭載される可能性が高いが、現時点で日産は新型エクストレイル日本仕様の発売時期や技術詳細を明らかにしていない。

上海モーターショー2021で発表された新型「エクストレイル」の中国仕様(写真:日産自動車)

こうして日産の電動化戦略を俯瞰すると、「軽EV」は日本固有の軽自動車規定を前提に開発されているため、いわゆるガラパゴスという印象を受ける。また、協業他社の動きを見ても、現時点で「軽EV」の量産化計画を正式に表明しているメーカーは、日産と三菱以外にない。

2019年に発表した「IMk」コンセプト

このような状況で、なぜ日産は「軽EV」の量産を急ぐのだろうか。その理由をさまざまな角度から検証してみたい。

日産が「軽EV」と称しているのは、2019年10月開催の東京モーターショーでコンセプトモデルとして世界初公開された「IMk」が、ベースであると証言する業界関係者は多い。

次ページ価格を250万円程度と予測する理由
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT