グローバル金融新秩序 淵田康之著

グローバル金融新秩序 淵田康之著

欧米で新たな金融規制改革に向けた動きが活発化している。6月のG20金融サミットでいよいよそれも大詰めを迎える。

世界金融危機の原因はどこにあったのか、再発のリスクをいかに削減するか、危機が起きた場合にどう対処すべきなのか、そのための国際的な仕組みづくりをどうするか。世界中に災禍をもたらしたために、その中には、ともすれば本来の目的から逸脱しがちな議論もある。

本書は、その多岐にわたる課題を、問題の所在、欧米での改革の方向性、その問題点、日本へのインプリケーションという構成で、わかりやすく整理する。概念から具体的な実務にかかわる問題まで解説し、それぞれの論点をきっちり網羅している。

最近のボルカー・ルールや、金融機関への特別課税の議論も、本書を読むと背景が理解しやすい。金融システムに関心を持つ人にとって、問題を冷静に考えるうえで大いに助けになる。

日本経済新聞出版社 2940円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。