グローバル金融新秩序 淵田康之著

グローバル金融新秩序 淵田康之著

欧米で新たな金融規制改革に向けた動きが活発化している。6月のG20金融サミットでいよいよそれも大詰めを迎える。

世界金融危機の原因はどこにあったのか、再発のリスクをいかに削減するか、危機が起きた場合にどう対処すべきなのか、そのための国際的な仕組みづくりをどうするか。世界中に災禍をもたらしたために、その中には、ともすれば本来の目的から逸脱しがちな議論もある。

本書は、その多岐にわたる課題を、問題の所在、欧米での改革の方向性、その問題点、日本へのインプリケーションという構成で、わかりやすく整理する。概念から具体的な実務にかかわる問題まで解説し、それぞれの論点をきっちり網羅している。

最近のボルカー・ルールや、金融機関への特別課税の議論も、本書を読むと背景が理解しやすい。金融システムに関心を持つ人にとって、問題を冷静に考えるうえで大いに助けになる。

日本経済新聞出版社 2940円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。