政治笑 市村章著

政治笑 市村章著

『週刊東洋経済』の「FOCUS政治」欄に市村章さんの一コマ漫画が掲載されて25年。登場するのは中曽根政権以降の首相16人と小沢一郎など大物若干名。選び抜いた120点に状況解説と著者によるコメントがついている。そして似顔そのものも、政治批評の中身も例外なく厳しい。酷評されるのは竹下登、海部俊樹、森喜朗……、数え上げるのが無意味なほど累々で、長期政権だった中曽根康弘、小泉純一郎も例外ではない。

政権末期になって槍玉に挙げるのなら誰でもできようが、支持率の高いうちから歴代首相をこれだけ辛口に描いていたところにこの長期連載漫画の真骨頂がある。特に村山富市を描いた4枚は出色で、あんな政権は二度とご免だけれど、これが漫画家にとっては絶好の素材というのも因果な話だ。官邸で見ていれば16人全員が憤慨したことは間違いないだろうし、その分、庶民は快哉を叫べたならご同慶の至りである。(純)

東洋経済新報社 1365円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT