政治笑 市村章著

政治笑 市村章著

『週刊東洋経済』の「FOCUS政治」欄に市村章さんの一コマ漫画が掲載されて25年。登場するのは中曽根政権以降の首相16人と小沢一郎など大物若干名。選び抜いた120点に状況解説と著者によるコメントがついている。そして似顔そのものも、政治批評の中身も例外なく厳しい。酷評されるのは竹下登、海部俊樹、森喜朗……、数え上げるのが無意味なほど累々で、長期政権だった中曽根康弘、小泉純一郎も例外ではない。

政権末期になって槍玉に挙げるのなら誰でもできようが、支持率の高いうちから歴代首相をこれだけ辛口に描いていたところにこの長期連載漫画の真骨頂がある。特に村山富市を描いた4枚は出色で、あんな政権は二度とご免だけれど、これが漫画家にとっては絶好の素材というのも因果な話だ。官邸で見ていれば16人全員が憤慨したことは間違いないだろうし、その分、庶民は快哉を叫べたならご同慶の至りである。(純)

東洋経済新報社 1365円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。