日本郵政が不振の豪物流子会社に一部事業を売却

674億円の特別損失を計上、業績影響は精査中

日本郵政は21日、不振が続く傘下のオーストラリアの物流会社トール ・ホールディングスについて、豪州とニュージーランドでの物流事業を現地の投資ファンドに売却すると発表した。売却価格は約7億円。売却に伴い2021年3月期の連結決算で674億円の特別損失を計上する。

豪トールの一部事業売却を決定

トールのエクスプレス事業をアレグロ・ファンズに売却する。6月末の売却完了を見込む。純利益3400億円としている日本郵政の21年3月期業績への影響については精査中とした。

日本郵政は15年、トールを6200億円で買収した。国際物流事業のプラットホームと位置付け、グループの成長の柱とする計画だったが、業績不振を受けて17年3月期には約4000億円の減損損失を計上した。

昨年11月には赤字の続くエクスプレス事業の売却検討を決め、ファイナンシャルアドバイザーにJPモルガン証券と野村証券を選定し、売却先を探していた。

著者:鈴木偉知郎、横山恵利香

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT