日本郵政が不振の豪物流子会社に一部事業を売却

674億円の特別損失を計上、業績影響は精査中

日本郵政は21日、不振が続く傘下のオーストラリアの物流会社トール ・ホールディングスについて、豪州とニュージーランドでの物流事業を現地の投資ファンドに売却すると発表した。売却価格は約7億円。売却に伴い2021年3月期の連結決算で674億円の特別損失を計上する。

豪トールの一部事業売却を決定

トールのエクスプレス事業をアレグロ・ファンズに売却する。6月末の売却完了を見込む。純利益3400億円としている日本郵政の21年3月期業績への影響については精査中とした。

日本郵政は15年、トールを6200億円で買収した。国際物流事業のプラットホームと位置付け、グループの成長の柱とする計画だったが、業績不振を受けて17年3月期には約4000億円の減損損失を計上した。

昨年11月には赤字の続くエクスプレス事業の売却検討を決め、ファイナンシャルアドバイザーにJPモルガン証券と野村証券を選定し、売却先を探していた。

著者:鈴木偉知郎、横山恵利香

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT