前立腺ガン治療革命 藤野邦夫著

前立腺ガン治療革命 藤野邦夫著

日本での前立腺がんによる死亡者数は増え続けており、年間1万人にも上るという。これは世界の医療最先端国の実情からすると、逆行する現象だという。その原因は、発見の遅れや、初期治療の失敗、行政や医療側の対応の遅れなどが指摘できる。

前立腺がんは、早期に適切な治療を受ければ命を失うことはない。ある程度進行したがんでさえ、QOL(生活の質)を落とさずに長生きできる。そのためには、患者自身が自覚的・主体的にがんと向き合うことが大事だという。

がん難民コーディネーターとして活躍する著者が、多岐にわたる最先端治療法を紹介しながら、QOLの高さを最優先にした治療法の選択の仕方などを紹介する。

小学館101新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。