前立腺ガン治療革命 藤野邦夫著

前立腺ガン治療革命 藤野邦夫著

日本での前立腺がんによる死亡者数は増え続けており、年間1万人にも上るという。これは世界の医療最先端国の実情からすると、逆行する現象だという。その原因は、発見の遅れや、初期治療の失敗、行政や医療側の対応の遅れなどが指摘できる。

前立腺がんは、早期に適切な治療を受ければ命を失うことはない。ある程度進行したがんでさえ、QOL(生活の質)を落とさずに長生きできる。そのためには、患者自身が自覚的・主体的にがんと向き合うことが大事だという。

がん難民コーディネーターとして活躍する著者が、多岐にわたる最先端治療法を紹介しながら、QOLの高さを最優先にした治療法の選択の仕方などを紹介する。

小学館101新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。