銀行融資の掟 荒和雄著

銀行融資の掟 荒和雄著

鳴り物入りで成立した「中小企業金融円滑化法案」。施行に当たり金融庁は金融マニュアルを抜本的に改正、従来の金融機関保護から利用者保護、取引先支援へと大きく舵を切った。しかしこの金融検査マニュアルこそ、貸し渋りや貸しはがしの大きな要因になっていると著者はいう。

同法の施行から半年近くが経ち、激変した企業融資環境下で中小企業経営者はどうすれば上手に資金を借りることができるのか。元銀行支店長が明かす銀行金融の実態、銀行は中小企業をどういう視点でチェックしているか、貸し渋りや貸しはがしの予兆、取引をやめたほうがいい銀行など、中小企業側だけでなく金融機関職員にも役立つ実践的なノウハウを教えてくれる。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT