銀行融資の掟 荒和雄著

銀行融資の掟 荒和雄著

鳴り物入りで成立した「中小企業金融円滑化法案」。施行に当たり金融庁は金融マニュアルを抜本的に改正、従来の金融機関保護から利用者保護、取引先支援へと大きく舵を切った。しかしこの金融検査マニュアルこそ、貸し渋りや貸しはがしの大きな要因になっていると著者はいう。

同法の施行から半年近くが経ち、激変した企業融資環境下で中小企業経営者はどうすれば上手に資金を借りることができるのか。元銀行支店長が明かす銀行金融の実態、銀行は中小企業をどういう視点でチェックしているか、貸し渋りや貸しはがしの予兆、取引をやめたほうがいい銀行など、中小企業側だけでなく金融機関職員にも役立つ実践的なノウハウを教えてくれる。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。