銀行融資の掟 荒和雄著

銀行融資の掟 荒和雄著

鳴り物入りで成立した「中小企業金融円滑化法案」。施行に当たり金融庁は金融マニュアルを抜本的に改正、従来の金融機関保護から利用者保護、取引先支援へと大きく舵を切った。しかしこの金融検査マニュアルこそ、貸し渋りや貸しはがしの大きな要因になっていると著者はいう。

同法の施行から半年近くが経ち、激変した企業融資環境下で中小企業経営者はどうすれば上手に資金を借りることができるのか。元銀行支店長が明かす銀行金融の実態、銀行は中小企業をどういう視点でチェックしているか、貸し渋りや貸しはがしの予兆、取引をやめたほうがいい銀行など、中小企業側だけでなく金融機関職員にも役立つ実践的なノウハウを教えてくれる。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。