アイデアを盗む技術 山名宏和著

アイデアを盗む技術 山名宏和著

どうしたらいいアイデアを発想することができるか。放送作家として多くの人気番組を手掛けてきた著者はこの問いに「アイデアは見つけるもの」と答える。

もちろんアイデア自体がそのまま見つかるわけではなく見つけるのはあくまでその素材だが、大事なことは漫然とではなく意識して「見る」ことであり、視点の数を増やすことだという。そして「他人のおもしろいを借りる」ことを勧める。

公共の場で耳にする他人の会話にはじまって、家族の何気ない一言やテレビ番組の情報などから、いかにアイデアを盗むか。考え方をちょっと変えるだけで、普段の生活でも十分に実践できる「他人の発想」を自分のものにするコツを伝授する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。