アイデアを盗む技術 山名宏和著

アイデアを盗む技術 山名宏和著

どうしたらいいアイデアを発想することができるか。放送作家として多くの人気番組を手掛けてきた著者はこの問いに「アイデアは見つけるもの」と答える。

もちろんアイデア自体がそのまま見つかるわけではなく見つけるのはあくまでその素材だが、大事なことは漫然とではなく意識して「見る」ことであり、視点の数を増やすことだという。そして「他人のおもしろいを借りる」ことを勧める。

公共の場で耳にする他人の会話にはじまって、家族の何気ない一言やテレビ番組の情報などから、いかにアイデアを盗むか。考え方をちょっと変えるだけで、普段の生活でも十分に実践できる「他人の発想」を自分のものにするコツを伝授する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT