アイデアを盗む技術 山名宏和著

アイデアを盗む技術 山名宏和著

どうしたらいいアイデアを発想することができるか。放送作家として多くの人気番組を手掛けてきた著者はこの問いに「アイデアは見つけるもの」と答える。

もちろんアイデア自体がそのまま見つかるわけではなく見つけるのはあくまでその素材だが、大事なことは漫然とではなく意識して「見る」ことであり、視点の数を増やすことだという。そして「他人のおもしろいを借りる」ことを勧める。

公共の場で耳にする他人の会話にはじまって、家族の何気ない一言やテレビ番組の情報などから、いかにアイデアを盗むか。考え方をちょっと変えるだけで、普段の生活でも十分に実践できる「他人の発想」を自分のものにするコツを伝授する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT