アイデアを盗む技術 山名宏和著

アイデアを盗む技術 山名宏和著

どうしたらいいアイデアを発想することができるか。放送作家として多くの人気番組を手掛けてきた著者はこの問いに「アイデアは見つけるもの」と答える。

もちろんアイデア自体がそのまま見つかるわけではなく見つけるのはあくまでその素材だが、大事なことは漫然とではなく意識して「見る」ことであり、視点の数を増やすことだという。そして「他人のおもしろいを借りる」ことを勧める。

公共の場で耳にする他人の会話にはじまって、家族の何気ない一言やテレビ番組の情報などから、いかにアイデアを盗むか。考え方をちょっと変えるだけで、普段の生活でも十分に実践できる「他人の発想」を自分のものにするコツを伝授する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。