アイデアを盗む技術 山名宏和著

アイデアを盗む技術 山名宏和著

どうしたらいいアイデアを発想することができるか。放送作家として多くの人気番組を手掛けてきた著者はこの問いに「アイデアは見つけるもの」と答える。

もちろんアイデア自体がそのまま見つかるわけではなく見つけるのはあくまでその素材だが、大事なことは漫然とではなく意識して「見る」ことであり、視点の数を増やすことだという。そして「他人のおもしろいを借りる」ことを勧める。

公共の場で耳にする他人の会話にはじまって、家族の何気ない一言やテレビ番組の情報などから、いかにアイデアを盗むか。考え方をちょっと変えるだけで、普段の生活でも十分に実践できる「他人の発想」を自分のものにするコツを伝授する。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。