日本の損保会社の信用力と動向、見通しは引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


金融機関グループ
VP−シニア・アナリスト 三輪昌彦

ムーディーズは、自動車保険をはじめ、国内損保マーケットにおける収益や利益環境が厳しいことから、日本の損害保険業界の見通しは引き続きネガティブとしている。一方、格付けには収益環境が厳しい点を一定程度すでに織り込んでいるため、国内損保の格付けの見通しは、今のところ、全社安定的である。

 国内損害保険市場(自賠責除く)は、正味収入保険料ベースで自動車保険が5割強を占めるコア事業であり、続く火災保険を合わせると7割超となる。また、日本の損害保険会社の事業ポートフォリオは国内に偏在しており、損保市場は日本経済の成長と人口の増加によって支えられてきた。しかし、日本の経済が厳しい状況にあり、人口が成熟期に至った現在、損保業界は市場の飽和に直面している。経済環境が厳しいことから、法人マーケットにおける需要も低迷しており、損保会社の事業環境は厳しさを増している。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT