日本の損保会社の信用力と動向、見通しは引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


 また、10年4月1日には、国内損保業界は3つのメガグループ体制へと移行している。統合効果として、システム統合によるコスト削減等が見込まれるものの、国内損保市場の縮小はさらに進んでいくとみられる。そのため、国内損保事業における収益性を大幅に改善させるのは容易ではないと考える。

このように国内損保事業環境が厳しいこともあり、各社は海外事業展開を進めてきた。しかし、海外展開が進んでいる東京海上日動や三井住友海上においてさえ、正味収入保険料ベースでの海外損保事業の割合は2割程度にとどまるとみられる。金融市場の混乱以降、保有株式の時価下落が資本への下方圧力となっていたこともあり大きな動きは見られないが、収益性改善や国内の地震や台風に集中しているとみられるリスク・プロファイルの改善に向けた、各社の海外損保事業展開に注目したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT