ついにデビュー、横須賀・総武快速「E235」の全貌 単なる「山手線の色違い」ではない進化版車両

印刷
A
A

普通車両の利用者から見たE217系との違いの1つは、クロスシートがなくなり、すべてロングシートになったことだ。「都心部走行時における混雑緩和のため」とJR東日本の担当者はその理由を説明する。1人当たりの座席幅はE217系の45cmから46cmへと1cm拡大した。車内にはデジタルサイネージを搭載し、ドア上部には案内画面を設置する。車内照明は蛍光灯からLEDへと変わった。

もっとも、これらの機能はもともとE235系に備わっていたものだ。ただ、山手線で使われているE235系との違いもある。ドア上の案内画面が21インチとやや大きくなり、離れた場所からでも見やすくなった。大雨や人身事故などの異常が起きて列車が一時停止した際に、すべての画面を一時的に切り替えて、列車情報の提供を行うという機能が備わった。

カラーリングは「横」のライン

デザインも山手線では車両前面や車内の床などに施されていたドット模様がなくなり、代わりに直線的な模様になった。また、山手線の外観はそれまでの帯状の緑ラインに代わってドアを緑にするなど縦のデザインを強調していたが、今回はE217系と同じく、ブルーとアイボリーという通称「スカ色」の帯線になった。

次ページカラーデザインは奥山氏ではなくメーカー
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT