ホンダが造った新駅「みなみ寄居」は何が特別か

自動車工場と直結、沿線活性化に期待の声も

東武は新駅開業を記念して特製のヘッドマークを付けた8000型車両1編成を11月末まで、東上本線の小川町―寄居間、越生線の坂戸―越生間で運行。また同期間中、開業記念乗車券に押すスタンプ台をみなみ寄居駅に設置する。記念乗車券は340円(寄居―男衾間の往復)で2000部販売。ホンダの工場従業員など関係者のみならず、沿線外からも東上線に乗って新駅を訪れてもらう考えだ。

工場とは連絡通路で直結

みなみ寄居駅は1面1線の単式ホーム。改札の外の3階にホンダ寄居工場への連絡通路が設けられている。工場に向かわずに駅前に下りる出口はあるが、すぐ近くに民家はなく、細い道路を通って国道へ出るだけでも700~800mほどの距離がある。

東武は「駐輪場も寄居町が用意しているので自転車で来てもらって電車で買い物に出かけられる」(髙野寿久鉄道事業本部副本部長)と周辺住民へのメリットも強調する。駅舎の外観については「ホンダの施設と周辺の自然に調和するようにこだわった」という。

次ページホンダは寄居に生産を集約
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT