ジョイマンに「再ブレイクの兆し」が訪れたワケ

2017年頃かわじわじわ復活しついに…

20年7月、バンダイ新作発見会「BNDAI×BNpicturesFestival」でのジョイマン・高木晋哉(写真:週刊女性PRIME)
今月7日にツッコミ担当の池谷和志(39)が結婚を発表したお笑いコンビ・ジョイマンが再ブレイクの兆しを見せている。

ジョイマンが再ブレイクの兆し

『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)などのネタ見せ番組が、ゴールデンタイムに放送されていた“2000年代お笑いブーム”の最中に突如として現れたジョイマン。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

白シャツから胸毛をのぞかせ、ピチピチの黒スキニーを履いたボケ担当の高木晋哉(40)が池谷の前に現れ、ゆるいラップを仕掛けるネタで、2008年ころから一世を風靡した。

しかし、ネタ見せ番組が相次いで終了。彼らもいつの間にかお茶の間から姿を消し、“一発屋芸人”の仲間入りを果たす。なんと、ブレイクから2年後の2010年に放送された『ゲーム&クイズバラエティ ペケ×ポン』(フジテレビ系)では、「旬じゃない芸人」として紹介されていたのだ。

そんな彼らが再び注目され始めたのは、2017年ころ。

過去に大きな失敗をおかした著名人が、しくじった原因や経験から学んだ教訓をゲストに講義する番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に高木が出演し、学生時代は勉強ができたのに今は何も役立っていないこと、現在は月収13万円で妻子を養っていること、不倫スキャンダルで世間の目が冷たくなったことなどを明かした。

以降、自虐ネタを武器に彼らはバラエティーやスペシャル番組に少しずつ顔を見せるようになる。

2018年に開催されたジョイマン15周年記念単独ライブ『ここにいるよ。』では、「チケットが完売しなかったら解散」と豪語した結果、見事にすべてのチケットを売りさばいた。

そして、新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中には、星野源がインスタグラムに投稿した『うちで踊ろう』に乗じ、高木が「#うちでラップを踊ろう」というハッシュタグとともにラップネタ動画を投稿。ひそかに話題となり一般人からミュージシャンまで、たくさんの人が彼の動画にコーラスや伴奏を加えた。

また、先日放送された『くりぃむクイズミラクル9』(テレビ朝日系)のクイズでは、出演者全員がジョイマンの名前を答えられなかったものの、

「誰かジョイマンを覚えている人はいませんか。本当に、2008年、ジョイマンは本当に存在していたのでしょうか」

という高木の哀愁溢れるツイートが驚異の8.5万いいねを獲得。一発屋芸人の中でも、SNSを駆使しながら、新しい笑いを生み出している。

次ページ最高月収が180万円にもなった活躍の理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT