IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

世界銀行とともに国際金融体制を支えてきたIMF。そのプログラム作成の習性から、“It’s mostly fiscal”(つねに財政再建)の略称と揶揄されたりするが、いまも途上国支援に重要な役割を担っていることに変わりはない。

リーマンショックを契機とする世界的な経済危機は、先進国の金融機関を出発点に、途上国・新興国では急激な資本流出のみならず、輸出相手の先進国の需要収縮によって、実体経済においても深刻な打撃を及ぼすことになった。こうした危機にIMFの金融面の支援が期待されたが、現実には十分ではない。

「自由・無差別・多角主義」を謳いながらも、米国主導にあるIMFをどのように改革すべきかも論じる。

中公新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT