IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

世界銀行とともに国際金融体制を支えてきたIMF。そのプログラム作成の習性から、“It’s mostly fiscal”(つねに財政再建)の略称と揶揄されたりするが、いまも途上国支援に重要な役割を担っていることに変わりはない。

リーマンショックを契機とする世界的な経済危機は、先進国の金融機関を出発点に、途上国・新興国では急激な資本流出のみならず、輸出相手の先進国の需要収縮によって、実体経済においても深刻な打撃を及ぼすことになった。こうした危機にIMFの金融面の支援が期待されたが、現実には十分ではない。

「自由・無差別・多角主義」を謳いながらも、米国主導にあるIMFをどのように改革すべきかも論じる。

中公新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。