IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

世界銀行とともに国際金融体制を支えてきたIMF。そのプログラム作成の習性から、“It’s mostly fiscal”(つねに財政再建)の略称と揶揄されたりするが、いまも途上国支援に重要な役割を担っていることに変わりはない。

リーマンショックを契機とする世界的な経済危機は、先進国の金融機関を出発点に、途上国・新興国では急激な資本流出のみならず、輸出相手の先進国の需要収縮によって、実体経済においても深刻な打撃を及ぼすことになった。こうした危機にIMFの金融面の支援が期待されたが、現実には十分ではない。

「自由・無差別・多角主義」を謳いながらも、米国主導にあるIMFをどのように改革すべきかも論じる。

中公新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。