居住の貧困 本間義人著

居住の貧困 本間義人著

2007年1月、フランスでホームレスがパリのサンマルタン運河沿いにテントを張り「屋根の下で暮らす権利=居住権」を主張するデモンストレーションを行った。これに対し仏政府は3カ月を待たずに彼らに住まいを保証する「住宅人権法」を制定した。一方、この1年後に「年越し派遣村」問題が起こった日本では、政府は一時的な宿舎の提供や公営住宅等への入居斡旋を行っただけで根本的な対策をとっていない。彼我のこの違いに、住宅政策が専門の著者は日本における「居住権」の軽視を指摘する。

本来は社会政策の一環である住宅政策を、経済政策として展開してきた日本が直面する数々の住宅問題を検証、具体的な打開策を提言する。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT