東京裁判とその後 B・V・A・レーリンク著/小菅信子訳

東京裁判とその後 B・V・A・レーリンク著/小菅信子訳

東京裁判というと全員無罪を主張したインドのパールばかりが日本では評価されるが、法的な面からすればオランダのレーリンクははるかに貴重な貢献をしている。政治的結論が先にあった多くの判事と違って、恣意性なしにひたすら法に即した冷静な議論を展開して重光、広田ら文官無罪を主張した。戦時における政治家の役割と責任への言及は極めて説得力がある。

本書編者との対談で引き出される著者の裁判観、法解釈、あるべき法律論、どれも興味深い。個々の判事、被告からマッカーサーまで人物評の面白さもさることながら、日本の社会や文化まで理解しようとする努力や「戦争へ追い込まれていく日本」を論じる個所などには司法の理想を見る思いがする。国際法の立場から戦争と平和を終生考え抜いた法学者の姿が印象的だ。昨今、東京裁判史観が賑やかだが、少なくとも本書を熟読玩味してから論じ考量してほしい、そう訴えられている気がしてくる。(純)

中公文庫 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。