東京裁判とその後 B・V・A・レーリンク著/小菅信子訳

東京裁判とその後 B・V・A・レーリンク著/小菅信子訳

東京裁判というと全員無罪を主張したインドのパールばかりが日本では評価されるが、法的な面からすればオランダのレーリンクははるかに貴重な貢献をしている。政治的結論が先にあった多くの判事と違って、恣意性なしにひたすら法に即した冷静な議論を展開して重光、広田ら文官無罪を主張した。戦時における政治家の役割と責任への言及は極めて説得力がある。

本書編者との対談で引き出される著者の裁判観、法解釈、あるべき法律論、どれも興味深い。個々の判事、被告からマッカーサーまで人物評の面白さもさることながら、日本の社会や文化まで理解しようとする努力や「戦争へ追い込まれていく日本」を論じる個所などには司法の理想を見る思いがする。国際法の立場から戦争と平和を終生考え抜いた法学者の姿が印象的だ。昨今、東京裁判史観が賑やかだが、少なくとも本書を熟読玩味してから論じ考量してほしい、そう訴えられている気がしてくる。(純)

中公文庫 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。