アマゾン、99ドルの「Fire TV」をついに発表

TV界に革命を起こせるか?

4月2日、米アマゾン・ドットコムは、動画ストリーミング装置「FireTV」を発表した。写真はニューヨークで開催されたイベントで会見する同社「キンドル」のバイスプレジデント、ピーター・ラーセン氏(2014年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ニューヨーク/サンフランシスコ 2日 ロイター] - 米オンライン小売のアマゾン・ドットコムは2日、動画ストリーミング装置「FireTV」を発表した。価格は99ドル。

マルチメディア市場における存在感を高め、セット・トップ・ボックス市場で先行する米アップルの「アップルTV」やロク社の「ロク3」、グーグルの「クロームキャスト」に攻勢をかける。

FireTVによって、ユーザーは動画をテレビで直接再生することができる。アマゾンは独自の動画サービスを展開するほか、オンライン動画配信大手の米ネットフリックスやフールーなどのコンテンツも提供していく。

FireTVのリモコンにはマイクが搭載されており、音声による検索が可能。

来月までには、付属のゲーム用コントローラー(39.99ドル)で、数千ものゲームが楽しめるようになるとしている。

99ドルとの価格設定をめぐっては、ライバル社よりも値段を引き下げなかったことで、一部のアナリストからは失望の声も上がった。だがアマゾンは、他社の製品より性能が高く、操作が簡単と強調している。

セット・トップ・ボックス市場への進出で、新たな収益源の確立を目指すアマゾンだが、アナリストはFireTVにより、最終的にはリモコン1つでコマーシャルに登場する商品を視聴者は購入することが可能になるとみている。

フォレスト・リサーチのアナリスト、ジェームズ・マクベイ氏は「アマゾンは、将来的にリビングでの買い物を普及させたい考え」と指摘。「リビングでこうした総合的な体験を実現できる企業はアマゾンしかいない。きょうの発表でその野望を知る材料はなかったが、検討していることは確実だろう」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT