英国のチャールズ皇太子が新型コロナに感染

カミラ夫人は陰性、感染源は確認されず

英国王室は、チャールズ皇太子の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。写真は3月4日、ロンドンで撮影(2020年 ロイター/Victoria Jones)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国王室は、チャールズ皇太子の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。

症状は軽いもので、それ以外の健康状態は良好だという。過去数日は自宅で執務していた。

カミラ夫人は陰性。2人ともスコットランドで自宅隔離の状態にある。感染源は確認されていないという。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。