コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

どんなリーダーもやがては、交代の局面を迎える。組織にプラスになるような形で、後進に道を譲る、それも「禅譲」するにはどうすればよいか。実践的で現実的なアドバイスをする。

いわく、「成功した人は、自分の強みを過大評価し、自分の弱みを過小評価したうえで、他人を評価する傾向がある」「昇進することしか考えていないと思ったら、私はその人と仕事をするのを断る」「顧客、仕入れ先などからも広く受け入れられる人材を選ぶ」「可能なかぎり社内で後継者を育成する」。

かといって、後継者選びのみの本ではない。地位にしがみつきがちなリーダーに潮時を意識させ、自分の意思で去る「コーチング」をしているところが、著者をカリスマコーチと言わしめている所以なのだろう。

複数の候補者に競わせる候補者育成法などのコーチングはないが、逆になぜリーダーに選ばれないか、自戒するための反省材料も提供してくれる。

日本経済新聞出版社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT