コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

どんなリーダーもやがては、交代の局面を迎える。組織にプラスになるような形で、後進に道を譲る、それも「禅譲」するにはどうすればよいか。実践的で現実的なアドバイスをする。

いわく、「成功した人は、自分の強みを過大評価し、自分の弱みを過小評価したうえで、他人を評価する傾向がある」「昇進することしか考えていないと思ったら、私はその人と仕事をするのを断る」「顧客、仕入れ先などからも広く受け入れられる人材を選ぶ」「可能なかぎり社内で後継者を育成する」。

かといって、後継者選びのみの本ではない。地位にしがみつきがちなリーダーに潮時を意識させ、自分の意思で去る「コーチング」をしているところが、著者をカリスマコーチと言わしめている所以なのだろう。

複数の候補者に競わせる候補者育成法などのコーチングはないが、逆になぜリーダーに選ばれないか、自戒するための反省材料も提供してくれる。

日本経済新聞出版社 1260円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?