コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

コーチングの神様が教える後継者の育て方 マーシャル・ゴールドスミス著/斎藤聖美訳

どんなリーダーもやがては、交代の局面を迎える。組織にプラスになるような形で、後進に道を譲る、それも「禅譲」するにはどうすればよいか。実践的で現実的なアドバイスをする。

いわく、「成功した人は、自分の強みを過大評価し、自分の弱みを過小評価したうえで、他人を評価する傾向がある」「昇進することしか考えていないと思ったら、私はその人と仕事をするのを断る」「顧客、仕入れ先などからも広く受け入れられる人材を選ぶ」「可能なかぎり社内で後継者を育成する」。

かといって、後継者選びのみの本ではない。地位にしがみつきがちなリーダーに潮時を意識させ、自分の意思で去る「コーチング」をしているところが、著者をカリスマコーチと言わしめている所以なのだろう。

複数の候補者に競わせる候補者育成法などのコーチングはないが、逆になぜリーダーに選ばれないか、自戒するための反省材料も提供してくれる。

日本経済新聞出版社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。