メルセデスAMG A35は思わずのけぞるほど速い

専用チューニングマシン、乗ってわかった実力

写真は19インチリムのホイールを入った「エディション1」(写真:LEON編集部)

メルセデス AMG A35 4MATICといえば、ドライブ好きのオヤジさんにはたまらない、ホットハッチとして大注目の一台。その実力を試してみました。

使い勝手はバツグン。その走りもバツグン!

これみよがし、というのは、ちょっと粋じゃないですよね。例えば、スポーツカーで「運転うまいゾ」と能力を誇示するより、ハッチバックで実は速い、というほうが、奥ゆかしさもあり、大人な感じがするものです。

本記事はLEON.JPの提供記事です

メルセデス・ベンツ日本が2019年8月に導入した「メルセデスAMG A35 4MATIC」は、一見、地味めな4ドアハッチバック。オプションで巨大なリアスポイラーをつけることも出来るんですが、存在をあんまり誇示せずに走らせることも可能です。

でも実は、かなりの実力派なんですね、これが。特にこのエディション1は、特別。まず目をひくのが、バンパー一体型の大型のエアダム。ここにレース車のようなスプリッターがつきます。バンパーコーナーに、魚のひれのように装着されたスプリッターは、空力特性によって、高速でのコーナリングを劇的に向上させる働きをしてくれます。

A35 エディション1は写真のデニムブルー、A45 エディション1は「designoマウンテングレーマグノ」と「サンイエロー」が限定販売(写真:LEON編集部)

エンジンは、1991cc4気筒。225kW(306ps)@5800rpmの最高出力と400Nm@3000~4000rpmの最大トルクを発揮。AMGがチューニングした7段ツインクラッチ変速機を介して、前後輪を駆動。この数値を見ただけでもタダモノじゃありません。

試しに乗り込んで、アクセルペダルを軽く踏み込んでみると、のけぞるような加速。軽量化をはかって1570キログラムに抑えた車体だけに、パワフルさはひとしおです。

次ページ目が覚めるような見事な瞬発力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT