メルセデスAMG A35は思わずのけぞるほど速い

専用チューニングマシン、乗ってわかった実力

写真は19インチリムのホイールを入った「エディション1」(写真:LEON編集部)

メルセデス AMG A35 4MATICといえば、ドライブ好きのオヤジさんにはたまらない、ホットハッチとして大注目の一台。その実力を試してみました。

使い勝手はバツグン。その走りもバツグン!

これみよがし、というのは、ちょっと粋じゃないですよね。例えば、スポーツカーで「運転うまいゾ」と能力を誇示するより、ハッチバックで実は速い、というほうが、奥ゆかしさもあり、大人な感じがするものです。

本記事はLEON.JPの提供記事です

メルセデス・ベンツ日本が2019年8月に導入した「メルセデスAMG A35 4MATIC」は、一見、地味めな4ドアハッチバック。オプションで巨大なリアスポイラーをつけることも出来るんですが、存在をあんまり誇示せずに走らせることも可能です。

でも実は、かなりの実力派なんですね、これが。特にこのエディション1は、特別。まず目をひくのが、バンパー一体型の大型のエアダム。ここにレース車のようなスプリッターがつきます。バンパーコーナーに、魚のひれのように装着されたスプリッターは、空力特性によって、高速でのコーナリングを劇的に向上させる働きをしてくれます。

A35 エディション1は写真のデニムブルー、A45 エディション1は「designoマウンテングレーマグノ」と「サンイエロー」が限定販売(写真:LEON編集部)

エンジンは、1991cc4気筒。225kW(306ps)@5800rpmの最高出力と400Nm@3000~4000rpmの最大トルクを発揮。AMGがチューニングした7段ツインクラッチ変速機を介して、前後輪を駆動。この数値を見ただけでもタダモノじゃありません。

試しに乗り込んで、アクセルペダルを軽く踏み込んでみると、のけぞるような加速。軽量化をはかって1570キログラムに抑えた車体だけに、パワフルさはひとしおです。

次ページ目が覚めるような見事な瞬発力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT