若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

昨年亡くなったジャーナリスト・筑紫哲也の遺稿集。表題どおりの雑誌記事2回分と大学での講義を中心に、未来を担う若者たちへ向けたメッセージとなっている。

著者は、半世紀もの間携わってきた自身の職業を「心配性のジャーナリズム」と称する。力を持った者が、その力に任せてやろうとすることや、世間の大多数の人たちがどっと同じほうに向かおうとしたときなどの危険を言い立てるのが「心配性のジャーナリズム」だと言う。特に権力への監視を怠らないのが、ジャーナリズムの本分だとも。

この国が抱えるさまざまな問題、憲法、沖縄、教育、メディア、宗教などを鋭く突きながら、自身の「世代責任」を果たそうとする姿が見える。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT