若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

若き友人たちへ 筑紫哲也ラスト・メッセージ 筑紫哲也著

昨年亡くなったジャーナリスト・筑紫哲也の遺稿集。表題どおりの雑誌記事2回分と大学での講義を中心に、未来を担う若者たちへ向けたメッセージとなっている。

著者は、半世紀もの間携わってきた自身の職業を「心配性のジャーナリズム」と称する。力を持った者が、その力に任せてやろうとすることや、世間の大多数の人たちがどっと同じほうに向かおうとしたときなどの危険を言い立てるのが「心配性のジャーナリズム」だと言う。特に権力への監視を怠らないのが、ジャーナリズムの本分だとも。

この国が抱えるさまざまな問題、憲法、沖縄、教育、メディア、宗教などを鋭く突きながら、自身の「世代責任」を果たそうとする姿が見える。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。